農業コンテンツインターネット図書館>林業(育林)
機械器具
I農機001
トラクタ
(77 KB)
【トラクタ】
トラクタは、林業分野では、主に育苗における苗畑の耕うん・整地などに用いられる。
使用されるトラクタは、乗用トラクタ・歩行用トラクタの両方である。トラクタには、多くの種類があり、一般的には、操縦者の作業姿勢の違いから、乗用トラクタと歩行用トラクタに大別されるが、用途や走行装置の違いなどによっても分類される。
また、乗用トラクタでは、作業機の装着方法からけん引式と直装式、歩行用トラクタでは、駆動形、けん引・駆動兼用形、けん引形などに分類される。
いずれも用途によってトラクタの種類や作業機の種類を選ぶが、一般的には、乗用トラクタは大規模な場所での効率的な作業に適し、歩行用トラクタは小規模(せまい)な場所での作業に適している。
I農機002
動力噴霧機
(128 KB)
【動力噴霧機】
動力噴霧機は、防除機としてもっともひろく用いられている機械である。
噴霧原理は、エンジンでポンプを駆動し、薬液に圧力を加えることにより、噴口から霧状にして薬液を噴出させるものである。
動力噴霧機には、作業者が背負って噴霧する背負い式動力噴霧機、運搬可能な台の上にポンプと原動機を取り付けた可搬式動力噴霧機、散布装置一式をトラクタに直接装着する搭載式動力噴霧機などの種類がある。
また、林業分野においては、除草における除草剤の噴霧などに利用される。
I農機003
刈払い機
(128 KB)


刈払い機
(105 KB)
【刈払い機】
刈払い機は管理作業機の1つで、水田のけい畔や果樹園の除草などに広く利用されている。
また、林業の分野においては、育林作業の1つである下刈りなどに用いられる。
肩掛け形と背負い形の2種類があり、小形の原動機によって刈り刃を駆動回転させる機械である。
構造上、刈り刃が露出しているので、常に安全作業にここがけ、特に悪条件下での作業には注意が必要である。


お問い合わせ © 2004-2007 岡山県高等学校農業教育協会