農業コンテンツインターネット図書館>農業機械(機械製図)
製図用具
G農機301
コンパス
(72 KB)
【コンパス】
コンパスは、製図器の代表的なもので、各種の円をかくときに用いる。

[コンパス]
通常の円をかくコンパスで、大コンパス、中コンパス、スプリングコンパスがある。

[ビームコンパス]
特に大きな円をかくときに用いられる。

[比例コンパス]
図形を縮小・拡大する場合に用いられる。直線・円周・正方形・立方体などの等分割寸法を計算なしで求めることができる。
G農機302
ディバイダ
(72 KB)
【ディバイダ】
寸法をとったり、長さ・円周などを等分する場合などに用いられる。
コンパスが一方の先が針で他方が鉛筆芯であるのに対し、ディバイダは、両方が針になっている。
G農機303
雲形定規
(70 KB)
【雲形定規】
製図において、任意の曲線をひく場合に用いる定規で、雲の形に似ていることからこの名前がつけられている。
一つの定規に各種の曲線に適する部分があり、いろいろな部分を用いて、目的の曲線をひいていく
G農機304
三角スケール
(54 KB)
【三角スケール】
三角スケールは、三角尺とも呼ばれ、三角柱状の各面の両側に、それぞれ異なる6種類の縮尺目盛のついたものさしである。
ものさしは、通常、竹製の平尺がもちいられるが、平尺には、縮尺目盛平尺(各縮尺のセット)もある。
G農機305
テンプレート
(62 KB)
【テンプレート】
テンプレートは、型板とも呼ばれ、設計・製図の作業を正確・迅速・能率的にすすめるために用いられる製図用具で、文字や記号を型にそってかくことができる。
同様の目的で製図機械・鉛筆芯ホルダなども用いられるが、現在では自動製図機械も普及している。


お問い合わせ © 2004-2007 岡山県高等学校農業教育協会