農業コンテンツインターネット図書館>農業機械(自動車工学)
ロータリエンジン
G農機281
エキセントリック
シャフト
(42 KB)
【エキセントリックシャフト】
エキセントリックシャフトは、出力軸とも呼ばれ、構造上はロータリエンジンの中心に位置している。
前後をサイドハウジングで閉じたロータハウジング内で、弓形の辺をもった三角形のロータが偏心し、これによってエキセントリックシャフト(出力軸)が回転している。
この回転運動が動力として取り出される。
G農機282
ステーショナリ
ギヤ
(52 KB)
【ステーショナリギヤ】
ステーショナリギヤは、固定小歯車とも呼ばれ、エキセントリックシャフト(出力軸)外側につけられたギヤである。
ロータにきざまれたインターナルギヤ(回転内ば歯車)とかみあい、出力軸へ動力を伝えている。
G農機283
ロータ
(75 KB)
【ロータとインターナルギヤ】
ロータハウジング内にある弓形の辺をもった三角形の部分で、内側に回転内ば歯車がきざまれている。
このロータがロータハウジング内での爆発によって偏心回転し、エキセントリックシャフトに回転力を伝えている。

インターナルギヤは、回転内ば歯車とも呼ばれ、ロータハウジング内で回転するロータの内側にきざみこまれている。
ロータが偏心回転することにより、インターナルギヤも当然回転し、これにかみあっているステーショナリギヤによってエキセントリックシャフトが回転する。
G農機284
ロータ
ハウジング
(69 KB)
【ロータハウジング】
ロータハウジングは、ロータを収納している外側の部分で、往復ピストン機関のシリンダ部分を作り出すシリンダブロックに相当する。
このロータハウジングとロータとのすき間の部分で爆発をさせることにより、ロータを偏心回転させている。


お問い合わせ © 2004-2007 岡山県高等学校農業教育協会