農業コンテンツインターネット図書館>農業機械(農業機械)
歩行トラクタ
G農機141
スロットルレバー
(60 KB)


スロットルレバー
(56 KB)
【スロットルレバー】
スロットルレバー(絞り弁レバー)は、エンジン回転を調節するレバーで、一般にハンドル部分に取り付けてあり、手元で操作しやすくしている。
G農機142
かじ取りクラッチ
(78 KB)
【かじ取りクラッチ】
歩行トラクタのかじ取り装置は、一般的にかじ取りクラッチが用いられている。
具体的な操作としては、左右のハンドル部分にかじ取りクラッチレバーが取り付けられているので、旋回方向内側のかじ取りクラッチを切ることにより、内側車輪の回転を止めて旋回する。
また、かじ取りクラッチには、一般にかみあいクラッチが利用されている。
G農機143
テンションプーリ
とVベルト
(88 KB)
【テンションプーリとVベルト】
テンションプーリ式のクラッチは、Vベルトクラッチとも呼ばれ、小出力の歩行トラクタの主クラッチに用いられている。
また、出力が4.5kW以上のものには多板クラッチが用いられている。
伝動装置として、主軸側Vベルトプーリとエンジン側VベルトプーリにVベルトが掛けられ、エンジンの動力を車輪や駆動輪に伝動している。
この2つのプーリの中間にテンションプーリ(張り車)を備え、これを移動させることにより、Vベルトを張ったりゆるめたりする。
張った状態では動力が伝動されるが、ゆるめた状態では動力が伝動されないしくみである。


お問い合わせ © 2004-2007 岡山県高等学校農業教育協会