農業コンテンツインターネット図書館> 畜産(農業機械)
作業機
E農機021
はつ土板プラウ
(54 KB)
【はつ土板プラウ(ボトムプラウ)】
耕うん作業には耕起と砕土があり、土の上層と下層の天地返しによる耕起だけの作業を反転耕といい、土を細かく砕きながらまぜることによる、耕起と砕土を兼ねた作業をかくはん耕という。
はつ土板プラウは、土の反転能力にすぐれた耕うん作業用機械で、り体の方向により、方向が固定されている単用プラウ、方向変換が可能な双用りに分けられる。また、り体の数により、1個のものを一連プラウ、2個以上のものを多連プラウという。
はつ土板プラウは、土の性質に合わせた形や大きさのものが使用され、通常は鋼製であるが、土の付着防止に合成樹脂板を使ったものがある。
作業の特徴としては、土の反転性がよく、土塊が大きく、土塊間のすきまも大きいため、乾土効果が大きい。
また、すきと同様に耕うん性や耕うん状態には優れているが、作業能率はあまり良くない。
E農機022
ロータリ
(76 KB)


ロータリ
(59 KB)
【ロータリ】
ロータリは、耕うん作業用機械の代表的なもので、耕起と砕土を兼ねたかくはん耕に用いられる。
トラクタの専用駆動軸やPTO軸に取り付け、動力で回転させて耕うん作業を行うものである。
ロータリは、1本の耕うん軸に多数の耕うんづめを取り付け、150〜400r.p.m.で回転させ、土を切削する。
目的の耕うん状態にあわせ、各種の耕うんづめを使い分ける。
特徴としては、耕うん状態、能率はよいが、反転性があまりよくないという欠点がある。
E農機023
たい肥散布機
(68 KB)


たい肥散布機
(68 KB)
【たい肥散布機(マニュアスプレッダ)】
マニュアスプレッダは、畑作用作業機械のうち、施肥機に分類される機械である。
たい肥箱に積み込まれたたい肥が、台車に取りつけられたたい肥送り装置によって、機体後部に送られ、さらに、そこで打ちほぐされながら散布部に送られて散布される。
トラクタのPTOで駆動するものと接地輪の回転力で駆動するものとがあるが、能率や散布精度の面からPTO駆動のものが多く利用される。
E農機024
ブームスプレーヤ
(76 KB)
【ブームスプレーヤ】
動力噴霧機に、薬液タンクや多数のノズルを取り付けた幅の広い水平なブーム(5〜15m)を取り付け、走行しながら散布するものである。
トラクタ直装形のものが多いが、自走式のものもある。
1工程で広い幅の散布ができ、主に畑作用の病害虫の防除に使用する。
E農機025
ばらまき機
(68 KB)
【ばらまき機(ブロードキャスタ)】
播種機(たねまき機)は、作物の種類および栽培法によって、点まき機(プランタ)、すじまき機(ドリル)、ばらまき機(ブロードキャスタ)の3種類に分類されている。
牧草・緑肥作物種子の播種や粒状肥料の散布など、ほ場全面へのばらまきに使用される機械である。
ばらまきの仕組みは、ホッパから落下した種子を回転する羽根車ではねとばすものである。
また、種子の覆土はハローやカルチベータなどの別の作業機で行われる。
E農機026
ヘイテッダ
(103 KB)
【ヘイテッダ】
乾燥を促進させるために、刈り取った牧草を反転・拡散する機械である。
最近では、反転・拡散した牧草を取り入れやすいように、帯状に集草する機械であるヘイレーキの作業を兼用できる機械が多く、テッダレーキと呼ばれている。
構造の違いにより、横軸回転形(円筒形サイドレーキ)、たて軸回転形(ジャイロテッダレーキ)、ベルト形、回転輪形(ホイール形サイドレーキ)などがある。
E農機027
ヘイレーキ
(106 KB)
【ヘイレーキ】
反転・拡散した牧草を取り入れやすいように、帯状に集草する機械である。
最近では刈り取った牧草を反転・拡散するヘイテッダの作業を兼用できる機械が多く、テッダレーキと呼ばれている。
構造の違いにより、横軸回転形(円筒形サイドレーキ)、たて軸回転形(ジャイロテッダレーキ)、ベルト形、回転輪形(ホイール形サイドレーキ)などがある。
E農機028
ロータリモーア
(66 KB)
【ロータリモーア】
モーアは、牧草を刈り取るだけの機能を備えた機械で、刈り取りの機構によって、フレールモア、ロータリモーア、レシプロモーアに分類されている。
水平に回転する刈り刃が、1〜6個並列に取り付けられており、回転軸が円筒状のものをドラムモーア、円板状のものをディスクモーアと呼ぶ。
草の詰まりがなく、高速で作業できる利点があるが、逆に高速回転による石の飛散などの危険が欠点となる。
E農機029
タイトベーラ
(74 KB)
【タイトベーラ】
別名ピックアップベーラとも呼ばれ、ほ場の乾草を拾い上げながら、オーガで側方へ送り、圧縮・成形した後、結束・こん包する。
こん包後の標準的サイズは35cm×45cm×30〜130cmで、かたくこん包されている。


お問い合わせ © 2004-2007 岡山県高等学校農業教育協会