トップページ岡山県の農業高校>岡山県立高松農業高等学校
学校所在地
〒701-1334
岡山市北区高松原古才336-2
Tel:(086)287-3711
Fax:(086)287-3713
URL:http://www.takano.okayama-c.ed.jp
E-mail:takano@pref.okayama.jp
沿革
明治30年4月 岡山県農事講習所(本校前身)を御野郡伊島村(岡山市津島)に開所。
修業年限2カ年、農・獣医・林・水産の4科設置。
明治32年4月 岡山県農事講習所を廃止し、岡山県農学校創立。
修業年限3カ年、農・獣医の2科設置。
明治35年4月 吉備郡高松町(岡山市高松原古才)に移転。
大正10年4月 岡山県高松農学校と改称。
大正11年4月 本校内に岡山県実業補習学校教員養成所設置。
昭和14年3月 岡山県立青年学校教員養成所(岡山県実業補習学校教員養成所)を上道郡角山村(岡山市竹原)へ移転。
昭和21年4月 本校内に岡山県立岡山農業専門学校設置。
昭和23年3月 岡山市津島に岡山県立岡山農業専門学校を移転。
昭和23年4月 岡山県立高松農業高等学校と改称。
農芸・畜産の2科、および定時制課程の農業・家庭の2科設置。
昭和24年8月 岡山県立高松農業高等学校は改称し、岡山県立高松高等学校設置。
昭和25年4月 農業・普通の2課程設置。
昭和27年3月 普通科を廃止し、農業・園芸・畜産・農業土木の4科制に移行。
昭和28年3月 定時制課程が独立し、校名を組合立岡山県高松高等学校と改称。
昭和28年4月 岡山県立高松農業高等学校と校名を改称。
昭和37年4月 組合立岡山県高松高等学校は県営に移管され、岡山県立高松農業高等学校に統合。
農業・園芸・畜産・農業土木の4科のうえに農芸化学科・生活科定時制課程の農業科設置。
昭和44年3月 定時制課程廃止。
昭和48年4月 農芸化学科を食品製造科と改称。
平成4年4月 生活科募集停止。
平成6年4月 農業・園芸・畜産・食品製造科をそれぞれ、農業経済・園芸科学・畜産科学・生物工学科に学科改編。
平成18年4月 農業経済・生物工学科をそれぞれ、農業科学・食品科学科に学科改編。
学科紹介
(1)学校の特色
本校は、明治30年の創立以来一世紀以上にわたり、岡山県南はもとより、県下全域の農業振興の人材育成の中心校として、農業技術の普及と農業生産の向上の役割を果たし、多くの農業スペシャリストや農林行政の中核的人材、さらには地域の各種振興のリーダーとなる人材を輩出してきました。
そして現在、それぞれの学科の方針や目的にそって、多くの優秀な人材を育成するとともに、地域連携や異校種間連携、企業連携等を推進しながら、開かれた学校づくりに邁進しています。
また、農業の専門教育の他にも、「食農教育」や「情報化教育」にも力を注ぎ、この分野においても先進校として高い成果を上げるまでに至りました。
本校は、これまでの長い伝統の中に築かれた実績と、常に深化を求める精神を重んじ、これからの新しい時代の「食料生産」や「素材生産」、「環境創造」の分野における人材育成に取り組んでいきたいと考えています。
●本校の農業教育の基本方針
農業教育の基本は「食料生産者の育成」、「素材生産者の育成」、そして「環境創造者の育成」の3つが基本理念です。
この基本理念にそって教育活動を展開し、農業の持ち得る多面的な潜在能力を充分に活用しながら、農業の基礎・基本を大切にし、また、農業の役割や必要性を正しく理解させた上で、地域に根ざした農業後継者の育成、農業のよき理解者の育成、さらに地域社会に幅広く貢献できる人材を育成することを目指しています。
●特徴ある学科の構成
本校は、農業の各専門分野での基礎・基本を確実に定着させる教育を展開し、第1次的産業学科(農業・畜産・園芸・生物生産)等から、第2次的産業学科(農業機械・食品製造・生物工学)、第3次的産業学科(農業経済・農業土木・環境創造)まで、幅広い農業分野の学科で構成されています。
また、その中でそれぞれのスペシャリストを育成するために、各科独自の教育課程を編成しています。
そして、多様化した生徒それぞれの進路実現ができるような教育活動を目指しています。
(2)各学科の紹介
ア)農業科学科
食の安全と環境に配慮した農産物の生産から流通までを体験的に学び、これからの環境保全型農業やアグリビジネスに柔軟な発想力で対応できるスペシャリストを育成します。
環境農業 農産流通 生産技術
 農薬や化学肥料に頼らない米と野菜作りを通じて、環境に配慮した農業を学びます。  模擬会社を設立し、農産物の栽培から販売、農産加工品の開発などを行います。  農業機械や水耕施設などを利用し、作物や野菜の新技術をより実践的に学びます。
イ)園芸科学科
園芸や果樹、草花の生産から販売・利用までを幅広く学習するとともに、ケアハウスでの園芸セラピー活動などにも取り組みます。
2年次からは草花、果樹、園芸セラピーの3つのコースに分かれて、地域社会や園芸の各分野で活躍できるように専門的な学習を行います。
草花 果樹 園芸セラピー
 花壇用の草花やカーネーション・ラン類の栽培から販売、花壇造りやフラワーアレンジメントなどの園芸デザインを学習します。  地域特産物である白桃やピオーネ・マスカットを中心に、栽培技術から販売について実践的に学習を行います。  園芸作物の福祉的利用法を学ぶとともに、コミュニケーション能力を高める学習を行います。
ウ)畜産科学科
畜産科学科では、動物との触れ合いを通しての「命の学習」を行っています。
1年次には動物飼育の基礎基本の学習をし、2年次よりは4つの専攻に分かれての専門的な学習に取り組んでいます。
動物園や牧場などでの現場実習にも多くの生徒が取り組んでいます。
大家畜 中家畜 小家畜 実験動物
 乳牛(ホルスタイン種)や肉牛(黒毛和種)の飼育管理(搾乳や繁殖など)を学習します。  豚やミニブタの飼育管理学習と豚の繁殖・肥育から肉加工品の製造など、一貫養豚経営の実践学習をします。  採卵鶏・特用鶏などの飼育管理と鶏のくん製・プリンの製造学習を行います。  マウス、ウサギ、イヌなどの実験動物・愛玩動物の飼育と利用を行います。
エ)農業土木科
農業土木科は、「測量」・「農業土木設計」・「農業土木施工」・「環境科学基礎」を中心とした基礎・基本の勉強をし、2・3年生では、環境、測量設計、測量施工の専攻別学習をします。
測量施工 測量設計 環境
 農業土木構造物をつくるため、測量し、図面を書き、実際に施工します。  農業土木構造物の設計をするために測量を行い、図面を書き施工まで実施します。  地域の環境調査(水質、流量、水生生物など)実習を行い、環境に配慮した農業土木技術・工事を考えます。
オ)食品科学科
食品科学科では健康と食の安全を基本とした食品の製造・管理・分析・流通および微生物の利用について学習します。
さらに、外部講師による製菓実習や酒造会社での現場実習、大学での健康科学の実験実習も行います。
また、2級ボイラー技士や危険物取扱者などの資格取得にも取り組んでいます。
食品製造 食品化学 微生物
 カステラ・ジャム・味噌・パン等の製造から消費者の手に届く販売までを、学習します。  栄養成分の性質と分析、食品衛生検査について学習します。  微生物を利用した発酵・醸造食品および環境保全について学習します。
© 2004-2011 岡山県高等学校農業教育協会