トップページ岡山県の農業高校>岡山県立新見高等学校
学校所在地
郵便番号:718-0011
住  所:岡山県新見市新見1994
TEL:0867-72-0645
FAX:0867-72-2771
メール:niimikit01@pref.okayama.jp
URL:http://www.niimi.okayama-c.ed.jp/niimi.htm
沿革
(北校地)
大正15年 組合立岡山県新見農林学校設立認可
昭和 3年 県営移管 岡山県立新見農林学校設置認可
昭和23年 学制改革により岡山県立新見農業高等学校と改称、農業科を設置
昭和24年 高等学校再編成により岡山県立新見高等学校と統合し、岡山県立新見高等学校北校舎と改称
昭和28年 分離独立し、岡山県立新見農業高等学校と改称
昭和37年 岡山県立新見農工高等学校と改称、従来の農業科を農業科・畜産科・生活科とし、機械科を新設
昭和49年 農業科・畜産科を統合して農畜産科とし、土木科を新設
昭和52年 岡山県立新見北高等学校と改称、新見市立新見商業高等学校を県営移管し、岡山県立新見北高等学校西方分校(商業科)と改称
昭和54年 西方分校を本校に統合、生活科の募集を停止し、農畜産科・機械科・土木科・商業科の4科となる
平成 4年 学科改編により農畜産科を生物生産科に機械科を電子機械科とする
平成17年 学校再編にともない新見高校と統合し、新しい「新見高校」となる。
(1) 学校の特色
本校は、平成17年に、新見高校と新見北高校が統合し、普通科・農業科・工業科・商業科の4つの大学科を持つ学科総合型高校としてスタートした。
4つの学科がそれぞれ独立しており、それぞれの学科の目標に向かって学習を深めているが、進学指導を中心とした普通科と、専門性を追求し幅広い知識技術の学習を目的とした専門科とが統合したことにより、生徒の興味関心に応じて、他科の科目を選択することができ、幅広い進路選択への対応ができる。
(2) 学科紹介
生物生産科は、農業の実験や実習に重点を置いた体験学習を通し、創造性豊かな人物を育て、多様化した社会に対応できる地域産業の担い手の育成を目的としている。
また、学習活動の深化、生徒の個性の伸長をめざし、小学生との米作り体験などの交流事業や、地元市町村と連携したリンドウやユリの研究活動など、地域社会との連携活動や研究事業に積極的に取り組み、生徒の指導性、社会性、科学性の向上に取り組んでいる。
最近では、牛の碁盤乗り調教や開花調節技術によるホワイトデーのスズラン販売などが注目を集めている。
© 2004-2011 岡山県高等学校農業教育協会